ofxMltMapping2Dを使ってみる

プロジェクションマッピング用のaddon「ofxMltMapping2D」を使ってみました。

実際どんなものになるかというと、↓みたいな感じです。

 

 

球の書き方は田所先生の記事を参考にさせて頂きました。

やはりこういった所でセンスの違いが出てきますね。。

 

 

さて、ofxMltMapping2Dはデスクトップマシン(NVIDIAのグラボが入っている)だと割とすんなり動かせたのですが、ノートPC(Mobile Intel(R) 4 Series Express Chipset Family)上だとExceptionが発生し、プログラムが起動しませんでした。原因は、Framebuffer Object関連のExtension名が違っていた(古いもの?)だったためです。詳細はQiitaにまとめています。

 

もっといい対応方法があると思うのですが、まだまだ勉強不足ですね。

 

ofxMltMapping2Dはなかなかいい感じなので、これから使っていこうと思います。